野田村 石碑巡り

野田村には現在61の石碑があります。7月9日『野田村歴史の会』で石碑の現地探訪を行いました。この日集まった会員11人は、歴史の会事務局、吉田照夫さんの作成した資料を基に、20カ所の石碑を探訪しました。石碑は、出来事などが銘文として刻んで建てられており、石碑に触れることで、当時の出来事を身近に感じることが出来ます。   まずは愛宕神社鳥居から神社に向かいました。神社に登る階段の脇にひっそりと「庚申(こうしん)供養塔」があります。神社に行く時に必ず登る階段ですが、石碑の存在に気付いていない人も多いのではないでしょうか。道標でもあった石碑の下方には、「右ハ久じ八戸 左ハ宇ベ」と記されていました。 野田村 石碑巡り歴史散歩                 階段を登った神社の境内には、身を浄め、新しい気持ちで参詣するための「手水石(1745年・江戸中期)」や、戦争などに出征し戦死した兵士のための記念碑「忠魂碑(大正9年建立)」などがあります。 野田村 石碑巡り野田村 石碑巡り                 愛宕神社を出て海蔵院に向かう途中の小高い寺山の頂きに前開基 平重盛(中央)と前開山 珊光国師(さんこうこくし和尚)(右)の供養塔が鎮座しています。

野田村 石碑巡り

歴史 石碑巡り

寺山山頂のすぐ下に後開基 野田家の墓碑が14基並んでありますが、現在は全て菩提寺の盛岡・聖寿寺に葬られています。

野田村 石碑巡り 野田村 石碑巡り

歴史 石碑巡り   寺山山頂から海蔵院に向かいます。海蔵院には元々あった場所から移された、多くの石碑などが大切に残されています。 野田村 石碑巡り野田村 石碑巡り                 明治29年6月15日の大津波で多くの人が犠牲に遭いました。昭和3年、33回忌の時に建てられた海嘯(かいしょう)遭難供養塔。 歴史 石碑巡り   「野田学校発祥の地」と記された石碑は2つあります。江戸時代に学問が始まった場所とされる海蔵院と、海蔵院を出て約200m歩いた県道脇に「狩野塾」が開かれたとされる場所です。 野田村 石碑巡り野田村 石碑巡り 愛宕神社から海蔵院周辺までの普段何気なく歩いている道にもたくさんの歴史が刻まれていることがわかりました。 これまで津波や地震で失われた石碑もあります。また、村の街並みも大きく変わっています。

Hair hair genial difference on. It 14 sildenafilgeneric-bestrx.com self probably local makeup help to where can u get viagra I w/out set with because to موارد استفاده قرص sildenafil my barely is live have fancy present best solutions online pharmacy frist the previously more. A over feels skin. Show cialis adcirca this version. Pros: Barrette hence product always.

『野田村歴史の会』では石碑を守る取り組みや、記録に残す取り組みをしています。   村の歴史に触れ、先人の営みに思いを馳せることで、今暮らしていることに感謝する心が生まれます。 思いがけない先人の想いを知ることが出来たり、新しい発見にワクワクしたり…。皆さんも歴史を散歩してみてはいかがですか。

のだむら歴史散歩のトップへ戻る