のだ歴史散歩~明治後期と大正期、野田村の漁業~

【現在の玉川漁港】

玉川漁港昔から生活を支えてきている野田村の漁業。今回は、明治後期と大正期の漁業を見ていきます。

まず、岩手県統計書によると、明治40年(1907年)岩手県内の漁業生産高は、約100万円でしたが、大正14年(1925年)に入ると約1000万円と急激な伸びを見せています。
また、この年、沿岸漁業と沖合漁業の生産高割合の比率で沖合漁業の割合が沿岸漁業と逆転しています。

漁業生産高の増加は、魚をとる網や道具の改良が要因としてありました。村の漁業では、巾着網(きんちゃくあみ)という網を新たに大正10年(1921年)使い始め、特にもイワシの漁獲高を押し上げます。

イワシなどを原料に〆粕(しめかす)(油をとった残り粕)から大豆粕へと主流の変化したものの〆粕の需要がありました。

大正7年の漁村一般状況調査では、野田村玉川の総戸数67戸すべてが漁協の組合員であり、専業で漁業を営む漁家はなく、農業などの兼業でした。漁船数20隻の無動力船(日本製)を玉川浦の漁家は、所有していました。

一方の野田浦は、316戸の総戸数に対して280戸が漁業(専業5戸、兼業275戸)を営んでいます。漁船数73隻、そのうち2隻は西洋型の動力船(大正6年・1917年)が造られています。
【現在の野田港】

野田港

漁獲した物は、九戸郡内や青森県八戸市にも加工された貝や藻類(アワビ・わかめなど)、魚類(マグロやマス、カレイなど)は生鮮品として販売されています。
漁獲した物の販売は、専門の仲買人3人と魚小売商6人が担いました。(このころ魚市場などは、設営されていません。)

明治36年(1903年)以降、漁船数の推移は目まぐるしく変化しました。
大正6年(1917年)に初めて動力船が導入、始めのうちは新造され、漁船数は増加しましたが、8隻を最高に昭和3年(1928年)にはついに1隻まで減少しました。
1隻の漁船建造費について大正8年を例に挙げると5トン未満の無動力船84円に対して、20トン以下の動力船は10,800円と約130倍になりました。

漁が閑散の時期は、「漁組」と呼ばれる20人から30人の組織を作って、北海道などに出稼ぎをしています。

【左:大正~明治30年ごろの定置網、右:大正年代のタコ延縄用うき(野田村教育委員会所蔵)】
網(500) うき(500)

(参考資料:野田村誌、岩手県統計書、岩手県漁業史、野田民族誌)

のだむら歴史散歩のトップへ戻る