のだ歴史散歩 第1回 愛宕神社

愛宕神社本堂

のだ歴史散歩第1回は、野田村を象徴する愛宕神社です。神社の大きな鳥居は国道45号線を走行していてもよくわかります。

立派な鳥居をくぐると、左手にはたくさんの提灯が。

毎年、ここ愛宕神社ではのだまつりが開催されています。

境内を歩くと、神社へと続く階段があります。

見上げる程の階段です。階段を一歩一歩踏みしめて登ると、愛宕神社が見えてきます。奇麗に手入れをされている神社という印象です。また、神社のある高台からは、野田村内を一望することができます。見晴らしのよい気持ちいい景色が広がります。

・歴史

村の中央愛宕山上にまつられ、元来は野田領主の菩薩寺海蔵院の守護神であったようだとのことです。明治6年村社となっていて、祭神はイザナギノミコト、イザナミノミコト、オムスビノミコトであり、縁日は毎月廿四日、例祭は旧暦七月廿四日であったものを昭和七・八年頃三日間の祭りとし、昭和廿七年より新暦八月廿四・五・六の三日間としました。

 

・  のだまつり

愛宕神社では、毎年8月下旬に、のだまつりが開催されます。

「ヤーレ、ヤーレ」「ヨーイス、ヨイサー」という威勢のいい掛け声と、太鼓や笛の音色が祭りを盛り上げます。山車・神輿などと一緒に村内を練り歩きます。

 

愛宕神社 住所:九戸郡野田村野田第26地割

アクセス:三陸鉄道陸中野田駅から徒歩12分

のだむら歴史散歩のトップへ戻る