農家食堂 つきや

「農家食堂 つきや」は自家製米、とれたて野菜、そして地元の山菜や魚介類をふんだんに使った料理がいただける食堂です。

農家食堂つきや

 

農家食堂つきや

 

古民家を改装した店内は、落ち着いた雰囲気でゆったりとくつろぐことが出来ます。
10畳程の部屋が3室あり、団体のお客様にも対応できます。(※25人前後まで可能ですので、お早めに予約をお願いします。)
店では村内で作られたお土産品を販売しています。

農家食堂つきや農家食堂つきや

主なメニューは『おまかせ御膳』¥650(税込み)と『けいらん御膳』¥1,000(税込み)の2種類。

地元の食材と自家製黒豆をたっぷり使った『おまかせ御膳』は優しい家庭の味がします。

この日は黒豆入り雑穀ごはん、黒豆味噌の味噌汁、揚げだし豆腐、野菜サラダ、黒豆味噌タレでいただくサバの塩煮、イカときゅうりの炒め物などヘルシーでボリューム満点な8品の御膳でした。

農家食堂つきや

 

黒豆豆腐がアクセントの さっぱりとした「とれたて野菜サラダ」
農家食堂つきや

 

しっかりとした食感の黒豆豆腐が味わえる「揚げだし豆腐の野菜あんかけ」
農家食堂つきや

 

素材の良さをそのまま生かした「サバの塩煮」と、黒酢とゆずがさわやかな「トマトのしろっぷ漬け」

農家食堂つきや農家食堂つきや

野田村の郷土食「けいらん」は鶏の卵に見立てた団子を汁の中で割って食べます。
汁はホタテやワカメ、マツモ、魚からダシをとり、磯の香りと味わいがするお吸い物です。クルミと黒糖入りのもち米粉の団子には、アクセントに辛子が入っていて、味を引き締めます。
※『けいらん御膳』は『おまかせ御膳』の汁物が「けいらん」に替わったお膳です。

農家食堂つきや
自家製のもち米粉から作る柔らかい食感の団子と、小豆の優しい甘みがたまらない『うきうき団子』
単品は¥300(税込み)お食事をすると¥100(税込み) ※写真は食事とセットの量です。

農家食堂つきや
農家食堂つきやでは野菜を育てています。

ビニールハウスが15棟あり、「野菜の旨みが違うから」と有機肥料で野菜を栽培していて、冬でもとれたての野菜を提供することができます。
農家食堂つきや農家食堂つきや

 

 

 

 

 

農家食堂つきや 代表 小野寺信子さん

種をまき野菜を育てるところから始まる農家食堂。
「普段何気なく食べている野菜なのに、お客さんに“なんでこんなに美味しいの” と言われるとすごく嬉しくてやりがいを感じます。これからも美味しくて体にいい物を提供していきたいです。」
小野寺さんは村内の子供達や、民泊で訪れる村外の学生に、体験学習を通して郷土料理や農業を広める活動をしています。また若い従業員にも「農業と郷土の味を受け継いで欲しい」と思って指導しています。

農家食堂つきや
食堂の開店前に、畑で作業をします。食堂ではお客様とのコミュニケーションも大事にしています。
農家食堂つきや農家食堂つきや

 

 

 

 

メニュー (すべて税込み)※メニューが追加されています→http://nodamurafan.jp/blog/50868/

御膳】・おまかせ御膳 650円 ・けいらん御膳 1,000円

単品】・けいらん磯作り 350円 ・つきやサラダ 300円 ・うきうき団子 300円 ・コーヒー 300円

御膳注文の方】・うきうき団子(小盛)100円 ・コーヒー 100円

農家食堂 つきや
住所 〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田22地割39-1
電話 0194-78-2235(4人以上は事前に予約をお願いします。)
営業時間 11:30~16:00
定休日 金曜日(日曜日は予約のみとなります。)
休業日 年末年始(12月31日~1月5日)
8月いっぱいは農業体験ツアーなどのため休業します。
駐車場 有ります
地図


グルメのトップへ戻る