ひだまり公園 開園!

野田村が「城内地区土地区画整理事業」区域内に整備中の7カ所の公園1つ『ひだまり公園』が12月22日に開園しました。21日には、野田村役場で 調印式が行われ、村と公園の維持管理を協働で行う岩手銀行野田支店、野田村商工会、野田村商工会女性部の代表者4人が覚書にサインをしました。

ひだまり公園

敷地は震災直後、村出身で東京都在住の個人の方から公園に活用してほしいと村に寄付された場所で、名称は商工会女性部の提案で、みんなが集い笑い声の聞こえるような楽しい公園になるように『ひだまり公園』と名付けられました。

岩手銀行野田支店は公園内の清掃、野田村商工会は植木の管理、商工会女性部は花壇の管理などを担当します。岩手銀行滝沢支店長は「 野田村の住みやすい環境づくり、美しくより良いまちづくりに協力していきたい」と挨拶しました。

ひだまり公園

左から立会人 貮又正人村議会議長、滝沢真生岩手銀行野田支店長
小田祐士村長、中野富雄村商工会長、大沢伸子村商工会女性部長

 

ひだまり公園は、村中心部にある愛宕神社大鳥居目の東側に整備。トイレや東屋も備えられ、歩いて買物をする人や、毎月開催される市日の時の休憩場所としての他に、各種イベントなどに活用されることが期待されます。

ひだまり公園

愛宕神社大鳥居目の東側に整備されたひだまり公園

残りの6カ所の公園は2月以降に開園する予定で、村では地元町内会や老人クラブなどと協働で管理を行い、住みやすいまちづくりを地域一体となって進めていきます。ひだまり公園が地域の人、また訪れた人に親しまれる憩いの場となることを願います。

のだむら元気レポート~復興だよりのトップへ戻る