野田村保育所〜まめまきかい〜

2月2日、野田村保育所で1日早い「まめまきかい」が行なわれました。歌を歌ったり、節分についてのお話を聞いたりしました。

園児たちは自分たちが手作りしたお面をつけ、どんなふうにしてお面を作ったのか発表しあいました。

皆んなの心の中にいる、『よわむし鬼・なきむし鬼・おこりんぼう鬼・あまえんぼ鬼・すききらいする鬼・ゲームばかりする鬼』、色々な鬼を退治できるように願いを込めてまめまきをしました。園長先生たちが、「鬼は外」と大きな豆を鬼の絵めがけて投げると!?

後ろから大きな赤鬼が現れました!驚いて走りだす子、先生にしがみつく子、隅で様子をうかがう子、泣き出す子もいましたが、果敢に立ち向かっていく子も!赤鬼めがけて「鬼は外」!にぎやかなまめまきが始まりました。

さらに、緑鬼も現れました。大きな声で元気いっぱいに「鬼は外」!

「いい子にします、いい子にします」鬼に帰ってもらおうと園児たちは声を張り上げます。「いい子にします、いい子にします」・・・

新しい季節に向け、皆んなと一緒にまめまきをして、自分たちの心の中にいる鬼と、保育所に現れた鬼の両方を退治しました!

まめまきをして、今年一年幸せに過ごせますように!元気に遊べますように!暦の上では、もう春ですね♪

のだむらブログのトップへ戻る